CSR測定・CSR・D測定|石/タイルの滑り止め工事専門サイト
CSR測定・防滑改修事例

交通機関施工

駅改修に伴うCSR測定

■JR那古船形 測定場所 通路測定数  3箇所材 質  ゴムチップ舗装 駅の改修工事に伴い、新設された通路(スロープ)でCSR値の測定を行いました。 バリアフリー法ガイドラインでは、CSR0.4以上を推奨していますが、J …

めじろ台駅CSR測定

■メインエントランス 測定場所 ラチ外コンコース 測定数  4箇所 材 質  大判タイル 利用者より駅構内のタイルが滑りやすい!との苦情から今回の測定に至ったそうです。 測定当日は雨が降っていたので、現状の把握には最適だ …

駅高架下通路のCSR測定

■JR戸田駅 測定場所 高架下通路 測定数  5箇所 材 質  磁器タイル 雨の日に駅利用者の転倒が相次ぐと言う事で、現状の滑り抵抗係数(CSR)値を測定しました。 今後、何らかの改修が施され安心して歩行できる通路となる …

駅ホームでのCSR測定

■JR八幡宿駅 測定場所 ホーム 測定数  3箇所 材 質  アスファルト舗装 新しく舗装した箇所のCSR測定を行いました。 JRでは国が推奨するCSR値より高い独自の社内基準(CSR0.5以上)を定めています。

雪国でのCSR測定

■JRあつみ温泉駅 測定場所 駅通路部分 測定数  2箇所 材 質  塗り床 駅の改修工事に伴い、駅構内CSR値の確認作業に伺いました。 JR東日本では、CSR値0.5以上・隣合う材料でCSR値0.2以下とするように社内 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 防滑推進応援サイト 株式会社さきがけ All Rights Reserved.
PAGE TOP