C.S.R値を管理する重要性

製品試験・サンプル試験・工事・施設管理・転倒事故関係等・・・

CSR測定・滑り止め工事のご案内

C.S.R値とは

耐滑り性試験となる滑り抵抗係数(C.S.R)試験は東京工業大学で研究開発されたもので、他の試験方法に比べ、人が歩いた時の感覚を最も忠実に数値化できるといわれています。

国に先立ち2009年「東京都福祉のまちづくり条例」には、必要な整備としてJIS A 1454に定める試験機「OY・PSM」で測定したすべり抵抗係数(C.S.R)を用いるとされ、使用条件、材料・仕上げ、滑りの差について記されました。
その後、2012年にバリアフリー新法、正式名称「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」ガイドラインが改訂され、履物着用の場合の評価指標として「床のすべりについて、評価指標はJIS A 1454に定める床材の滑り性試験によって測定される滑り抵抗係数(C.S.R)を用いる。」と記されました。
これに、各県・公益法人等も倣い、現在では人が歩行する場所(履物を着用)での滑り抵抗は「C.S.R値」で管理されるようになっています。

※水濡れした浴室床等を素足で歩行した場合を想定した評価指標は「C.S.R・B値」となります。

製造者・施工者・管理者としての責任

現在では、製造者・施工者・施設管理者の皆様は、バリアフリー法ガイドライン等の推奨値を上回る商品開発・施設管理を当然のごとく行うようになりました。その背景には、一たび転倒事故が起これば係争に至るケースが増えているという事実にも一因があると思われます。
CSR測定は床面の健康診断と捉え、定期的にそれを管理することが利用者の安全、施工者・施設管理者の責任として非常に重要となります。

お悩みさん
CSR測定の重要性が何となく分かりました!
さきがけ
万が一転倒事故が起きた際にCSR値を管理していないと・・・ 管理者責任・製造者責任・善管注意義務違反等に問われる可能性もあります
お悩みさん
CSR値を管理することは歩行者(利用者)の安全をまもるだけで無く、万が一の際には管理者等が問われるリスクを回避する事になりますね!
さきがけ
はい、そのとおりです!
【みんなをまもる】事になるのです

バリアフリー法ガイドライン(抜粋)

床の材料及び仕上げは床の使用環境を考慮した上で、高齢者、障害者等が安全かつ円滑に利用できるものとする。

(1)履物着用の場合の滑り

■表-1 履物着用の場合の滑り日本建築学会※の推奨値(案)

床の種類単位空間等推奨値(案)
履物を履いて動作する床、路面敷地内の通路、建築物の出入口、
屋内の通路、階段の踏面・踊場、
便所・洗面所の床
C.S.R=0.4 以上
傾斜路(傾斜角:θ) C.S.R-sinθ=0.4 以上
客室の床 C.S.R=0.3 以上

(2) 素足の場合の滑り(※ここでは大量の水や石鹸水などがかかる床を想定)

■表-2 素足の場合の滑り日本建築学会※の推奨値(案)

床の種類単位空間等推奨値(案)
素足で動作し大量の水や石鹸水などがかかる床浴室(大浴場)、プールサイド
シャワー室・更衣室の床
C.S.R・B=0.7 以上
客室の浴室・シャワー室の床 C.S.R・B =0.6 以上

(3)滑りの差

・突然滑り抵抗が変化すると滑ったりつまずいたりする危険が大きいため、同一の床において、滑り抵抗に大きな差がある材料の複合使用は避けることが望ましい。


※ご確認ください
■表-1 JIS A 1454 履物着用の場合の滑り 【C.S.R値】
■表-2 JIS A 1509 素足の場合の滑り【 CSR・B値】


国土交通省バリアフリー法ガイドライン 4.10 床の滑り

東京都施設整備マニュアル ㉘床の滑り

C.S.R(D)測定の依頼はこちら

製品試験・サンプル試験・工事・施設管理・愛犬のすべり等・・・様々な条件で測定可能です。

試料のC.S.R測定

・製品試験
・サンプル試験

Read more
現地でのC.S.R測定

・施設管理
・転倒事故関係

Read more
C.S.R・D測定

・愛犬のすべり
・フローリング

Read more

CSR値の測定方法について

2012 東京工業大学研究所「OY・PSM測定機」

私たちは客観的な立場でCSR(すべり抵抗係数)を測定し、報告書(見本PDF)として書面、若しくは電子データでお届けいたします。
床・路面のすべり測定については、JIS A 1454に規定される試験機「OY・PSM」と互換性を持つ携帯型滑り測定機「ONO・PPSM測定器」 (JIS A 1454:2010 解説 6 a)に記載) で行います。CSR試験では、試料表面の状態にご指定が無い場合には、乾燥し清掃した状態、及び湿潤状態(介在物:水道水)で測定しております。

注)すべり抵抗係数(CSR値)について、客観的にご指定場所、試料を測定するものであり、施設や床材の安全・危険を評価するものではございません。

ペットの安全性からみたすべりの評価

■小型犬の動作に必要な床のすべり抵抗係数(CSR・D’)

愛犬家の皆様が心配する床のすべりによる骨折・脱臼・股関節形成不全など・・・
フローリング等のすべり抵抗値を、現地に伺っての測定や材料段階での測定も受け付けております。
詳細につきましては、お気軽にお問合せください。
C.S.R・D’が0.676以上の床では99.9%の小型犬が支障なく動作できるという研究結果が発表されています。

主な床(路面)のすべり測定試験機

名称ONO・PPSM測定機
【すべり抵係数(C.S.R)】
  
振り子式測定機
【動摩擦係数(DCOF)】
   
スリップメーター測定機
【静摩擦係数(SCOF)】
   
数値表示単位C.S.R(Coefficient of Slip Resistance)BPN=0.00(最小値)~150.0(最大値)μs
(静摩擦係数) BPN(British Pendulum Number)
μs=0.00(最小)~1.73(最大・tan60°)
測定原理床面と接触する面積が30c㎡のすべり片に、20㎏の荷重をかけて斜め上に引っ張り、滑り抵抗係数を測定する。振り子の先にゴム製のスライダーを取り付け、振り下ろされたときのスライダーが、測定面を通過するときの抵抗を読み取る。測定対象面に接触子を介して鉛直方向から荷重を加え徐々に加圧シャフトを傾け、接触子が滑り始めた角度をθとして摩擦係数μsを表示。

このほかにも、すべり抵抗試験には様々な評価方法がありますが、歩行時のすべりについては、国土交通省がC.S.R値を採用した事により、歩行時のすべり抵抗値は各県や公益法人でもCSR値での管理となりました。従いまして、弊社といたしましてもすべり測定につきましては、CSR測定のみの取扱とさせていただきます。(BPNの測定は行っていません。)

社会現象となった「滑り事故」―その原因について各方面にて研究されておりますが、未だ、科学的な根拠に基づく「滑り危険度」数値は統一したものがありません。これは、世界的に見ても意見が分かれているそうです。

良くあるスリップとは、走っている車が急に制御不能になるような現象と、凍結した坂道を車が登れないといこととに大別できるそうです。これを人間の歩行に当てはめたときどういうことが言えるかというと、踏み込みの足で滑るか、蹴り足で滑るかの違いだそうです。つまりは、動こうとする物と止まろうとする物とでは必要な摩擦抵抗の基準値が違うということです。また、床面だけの問題ではなく、その物体の速度、質量、接地面積、進入角度、乾湿状態などにより大きく左右されるため、数値で床の安全を評価するのは難しいと言われています。

滑る場所を放置して訴訟

施設管理者・オーナー様必見!

今では事故のあった現地で事故状況を再現した正確な測定ができるようになっています。「滑りを数値化できる」とは、危険の責任所在を明確にできるということです。
「滑り=責任」は客観的に判断できるのです。
「事故が起こらないよう」、そして万が一事故が起こったときにも施設側には非がないことを主張できるよう床に対する管理を行いましょう。