防滑推進機構|CSR測定・滑り止め工事専門サイト

愛犬を守る!フローリングの滑り(CSR・D’)

  • HOME »
  • 愛犬を守る!フローリングの滑り(CSR・D’)

業界初!ワンちゃんのための、出張すべり測定(CSR・D’)

小さな家族が床のすべりによる骨折、脱臼、股関節形成不全などになる前に、ご自宅フローリングについて考えてみませんか?

愛犬の多くのけがは室内のフローリングが原因

dog01

ワンちゃんといっしょに住むお家のお悩み箇所、そのダントツの1位がフローリング。ツルツルすべることによる、ケガや関節病の不安を中心に、多くの飼い主さんが「どうにかしたいが、正しい解決方法がわからない…」と、頭を悩ませています。

フローリングのすべりが原因となる、代表的な犬の関節病

膝蓋骨内方脱臼

罹りやすい犬種:トイ・プードル、ヨークシャー・テリア、プードル、ほか

後脚の膝の骨(膝蓋骨)が内側にずれ、進行すると歩行も困難に。肥満や高いところから飛び降りた際の衝撃も原因に挙げられますが、もっとも多いのは、室内飼育における床のすべり。トイ・プードルをはじめ、多くの小型犬に見られる病気です。気づかずにそのまま放置、運動させていると、前十字靭帯断裂を併発することもあります。

椎間板ヘルニア

罹りやすい犬種:ミニチュア・ダックスフンド、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、フレンチ・ブルドッグ、シー・ズー、ビーグルなど

背骨の間にある椎間板が飛び出し、神経を圧迫する病気で、慢性的に進行する場合もありますが、ほとんどは突発性で、進行すると脚がマヒし、立つことすらできません。さらに、椎間板が神経細胞に刺さり、脊髄軟化症を発症してしまうと、一週間ほどで命を落としてしまいます。特に軟骨異栄養犬種と呼ばれる、椎間板内の水分が脱水しやすい上記の犬種は、すべる床には何らかの対処を講じてください。

股関節形成不全

罹りやすい犬種:ポメラニアン、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ボーダー・コリーなど

股関節が緩み、炎症による痛みなどで歩き方にも異常が表れます。遺伝性の発症は大型犬には多く見られますが、中・小型犬の場合は、その多くが床のすべりなどの、環境的な原因によるものです。遺伝性の場合は関節を人工のものに置き換えるなどの手術が止むを得ないケースもあり得ますが、環境を整え、関節に負担をかけさせないように努めることが、何よりの予防です。

レッグ・ペルテス病

罹りやすい犬種:トイ・プードル、ヨークシャー・テリア、成長期の犬など

骨盤と接する側の大腿骨の先端が壊死する病で、特に小型犬の成長期に多く表れます。遺伝性のものとも考えられていますが、床のすべりが原因あるいは助長させてしまうケースもあります。一度かかってしまうと、治療は手術以外に方法がなく、壊死した部分を切除したり、関節を人工のものに置き換えるなどの処置を施します。

CSR・D’が0.676以上であれば、99.9%の小型犬が支障なく動作

上記のように犬の関節トラブルの70%近くは滑りやすい床の上で生活を送る事によって起きているともいわれています。東京工業大学 建築学科 小野研究室の調査によると、人が歩くうえで最も最適な滑り抵抗係数(CSR値)は0.68とのことです。また、犬は滑り抵抗CSR・D’値が0.676以上であれば、ほとんどの小型犬は動作に支障なく生活できる調査結果があります。

私たちの経験上、何ら加工されていない一般フローリングのCSR・D’値は、ほとんどの床でこの数値を満足出来ていません。

料金はフローリング等のCSR・D’測定 3万円(税抜き)+交通費となります。

お宅、現場にお伺いしてフローリング等のすべり抵抗係数(CSR・D’)を測定いたします。愛犬にとって必要なCSR・D’が得られていない場合には、ご希望により改善策の提案もいたしますので、お気軽にご相談ください。

ご質問等お気軽に問い合わせください TEL 048-431-7707 受付時間 9:00 - 18:00 [ 日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

営業日カレンダー

  • facebook

facebook

PAGETOP
Copyright © 防滑推進機構 株式会社さきがけ All Rights Reserved.