朝日新聞夕刊 2016.11.28

弊社のHPをご覧になった建物所有者、施設管理者、施工者、資材メーカーの方々から日々お問合せがございます。
そんな皆様が被告にならない為には、足下の安全に細心の注意を払ってください。

「交通事故より多い転倒事故による死亡」

弁護士さんからの相談も増加しております。

newsasa

材料の段階でCSR値を把握するのか、現地で測定するのか。

いずれにせよ、バリアフリー法に記されるCSR0.4以上を満足しておかないと、転倒事故が起きた際に不利になると思われます。