防滑推進機構|CSR測定・滑り止め工事専門サイト

試験施工

■当社にお問合せを頂くほとんどの方がこのような心配をしています。

  • 見るのも聞くのも初めてだから心配だ。
  • 本当に効果があるの?
  • このタイル(石)には無理でしょ?
  • 前に別の会社に頼んだことがあるけど、効果がなかった。

このような問題でお悩みのお客様は、ぜひ試験施工(デモ施工)をお申し込みください。現地にお邪魔して、実際にデモンストレーションをします。デモ施工の時間は15分~30分程度、滑り止め効果をその場で確認いただけます。ご迷惑にならない程度のほんの少しの面積ですが、確実に『違い』が実感できます。

実際の試験施工例

■施工場所  都内コミュニティセンターの通路
■材  質  磁器タイル
■危険度   レベル4<非常に危険>(すでに転倒被害が出ている状況)
■滑りの状況
雨が降った時に滑るのはもちろん、ちょっと濡れた程度でも滑り始める。
すでに何人かの方が転んでいるが、幸い大きな被害は出ていない。職員だけでなくお客様を始め不特定多数の方が出入りするので、いつ事故が起きてもおかしくない現状。
■滑りの原因
①材質の問題
景観も美しく清掃もしやすいタイルを採用しているが、やはり滑りには弱い。
②構造の問題
建物から出るとすぐにタイルがある為、雨の日にあわてて飛び出すと思わず滑る。
■試験施工
区役所の担当者様に実際の効果を体感いただくために、利用者の少ない休日に担当者様立会いの下、試験施工を行いました。

demo1

滑り止め試験施工の施工前 通常、色の変化や効果が確認し易いよう、対象となる施工現場の一部をご提供していただきます。

今回はエントランス左側です。

周辺との滑り具合に差が生じると、かえって危険なこともありますので、人が通りやすい真ん中は避けます。
滑り止め試験施工
薬剤を塗布している状況 基本洗浄→溶剤塗布

demo2

溶剤が反応し易くなるように洗浄します。汚れ具合により何回かに分けて洗い流します。
今回は主に排気ガス汚れに効果のある洗剤を使いました。
水でよく洗い流して、水を切ります。
滑り止め試験施工の施工後
試験施工にかかった時間は約30分
試験施工でも本番同様手抜きはしません

demo3

溶剤は材質・効果の強さ・現場状況に合わせて選択、溶剤を塗布して反応を待ちます。
溶剤を洗い流し、水を切って終了です。

写真では分かりづらいかもしれませんが、新品同様の色に戻ります。細かい目に詰まった汚れやシミも落ちますので、本来の石の色が甦ります。
■効果の確認
試験施工後に実際に靴で踏込んで、滑り止め効果を実感していただきます。
■体感後、お客様の声
「驚きました。スゴイですね」
「きれいで明るくなった」
施設担当の方も出てきて感心され、喜んでおりました。

デモをご希望の方はこちらから

通信欄にデモ施工希望場所(玄関・風呂場等)、床の材質(御影石・磁器タイル等)、希望日時をご記入下さい。
*日時につきましては、ご希望に沿えない事もございます。

メールアドレス (必須)
お名前
ふりがな
御社名
部署名
電話番号
FAX番号
ご希望の返信方法 (必須)
通信欄

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか? (必須)
はい

※ご注意下さい

マスターグリップには、多くの希釈型溶剤入っている硫酸や塩化水素、硝酸塩などの強酸成分は全く含まれていないため、浸透した溶剤によって石材が中から壊れていく内部劣化も生じることはありません。また、同様の効果を期待する溶剤工法は何種類かありますが、上記の劇毒物を含むので、環境への負荷も大きくなります。

マスターグリップは、防滑施工技術者の完全責任施工。どこでも同様の効果が出せるよう、指導・研修を行っております。もし同業他社と比較検討される際には、「効果・持続性・安全性」という観点からもご検討をいただけますようお願いいたします。

ご質問等お気軽に問い合わせください TEL 048-431-7707 受付時間 9:00 - 18:00 [ 日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 防滑推進機構 株式会社さきがけ All Rights Reserved.